ほくろでお悩みの方必見!おすすめの治療法を紹介

  1. ホーム
  2. 削り取って除去

削り取って除去

女性

美容整形ではさまざまなコースがあるので、美容の悩みを解消してくれることで人気です。最近の美容整形には二重など定番のコース以外にも、タトゥーを消したりほくろの除去もできたりするようになっています。ほくろは大体3mm以下の人が多いですが、中には3cm以上の大きな形の人もいます。体であれば洋服で隠すことはできますが、顔にある場合はメイクでもカバーしきれません。美容整形にはほくろが除去できる治療のコースがあり、特に人気の治療になるのがレーザー機器になります。レーザー機器にはさまざまな種類があり、炭酸ガスレーザーはニキビやアンチエイジングでも使われています。炭酸ガスレーザーによる治療は炭酸ガスによって、ほくろを分解して除去するような方法になります。ほくろというのは表面だけではなく、皮膚の中まで入り込んでいるものもあります。炭酸ガスレーザーを照射することで、ほくろを削り取ることができます。除去した部分はへこんでしまいますが、3ヶ月ほどで赤みやへこみが落ち着いてくるようになります。この炭酸ガスレーザーによる治療は1個につき、大体5分から10分ほど施術時間がかかります。また美容整形をするときはダウンタイムが不安ですが、ほくろの場合は大きさによって赤みや腫れが違います。普通より少し大きいくらいのサイズであれば、早い人で1ヶ月くらいで落ち着いてきます。そして炭酸ガスレーザーによる治療の費用は、1.5mm以内で5000円くらいで2mmで10000円くらいです。またほくろの場合は保険適用されることもあり、大きく目立つものは保険が利くので安心です。ただし美容目的である治療の場合は、保険適用外の自由診療になっています。出血も少なく他の皮膚を傷めることがない治療で、施術後の傷跡もほとんど残らない美容整形です。顔や体のどの部分にも対応出来るので、細かいところにあるほくろでも除去することができます。ですからメスで切開しにくいところにもおすすめで、美容外科のほとんどが炭酸ガスレーザーを基本にしています。ただ美容外科では機種に違いがあるので、よく確認することがポイントです。