ほくろでお悩みの方必見!おすすめの治療法を紹介

  1. ホーム
  2. 除去したい皮膚の黒い色素

除去したい皮膚の黒い色素

カウンセリング

人気の専門医とは

皮膚の一部分のみ黒っぽく丸い形に変色しているほくろは、顔や首だけでなく、腕や背中、そして足など全身のあらゆる部分にできます。とくに、顔にできたほくろの場合は、見た目の印象が大きく変わることから、多くの方が悩みを抱えているのが現状です。そこで誰もが考えるのがほくろの除去なのですが、現在ではセルフ除去、いわゆる自分での除去よりも美容整形クリニックでの治療が大変人気となっています。自分での除去の方法には、もぐさによるお灸温熱療法がありますが確実に取れるという保証もなく、ごく小さなものに限られてきます。ほくろ除去クリームを使う方法では、いつでも使用できるメリットがありますが、ほくろ細胞を完全に取りきるのが難しく再発する可能性もあることや、アフターケアもしっかりしないと皮膚トラブルを招く恐れもあるので注意が必要です。近年では、重層とひまし油でカソーダを作り、自分で塗る方法も話題となっていますが、かゆみや炎症など肌トラブルに注意することが重要で、とくに敏感肌の方には細心の注意を払わなければなりません。一方、美容整形クリニックによる治療では、病気や体のトラブルに精通した専門医による治療なので、一番良い方法でほくろの除去を行ってくれます。美容整形クリニックは、治療後の見た目や美しさを重視して治療をするため、キレイに完治できるという理由から大変評判なのです。ほくろには、小さいものから大きなもの、へこんだもの、盛り上がったものまで様々で、種類によってスイッチレーザーや炭酸ガスレーザー、電気メス、くりぬき、切除縫合などで治療を行います。小さいものではリスクの少ないスイッチレーザー、5ミリまでなら炭酸ガスレーザー、盛り上がりが大きいものでは電気メスなどが一般的です。もちろん、美容整形クリニックではカウンセリングのあと、先生と相談しながら自分にあった方法を選択できるというメリットが高評価となっています。美容整形クリニックでのほくろ除去は費用も高額と思われがちですが、ほとんどが大きさと治療方法によって異なっており、平均すると直径1ミリから2ミリ以下の場合は約7000円前後です。ほくろ除去クリームは海外製のものがほとんどで平均10000円前後、もぐさは6000円から12000円程度がほとんどなので、美容整形クリニックでの治療は、決してそんなに高くはありません。また、クリニックや医師の診断によっては、保険適用となる場合も多くあるので、もっと安く治療を受けられるときもあります。しかし、何といっても、もとの美しい肌に痕もなくほくろを除去してくれることや、トラブルが起きたときの処置、治療に関する注意点、ケアの部分まですべてを対応してくれる点が一番の人気となっている部分です。