ほくろでお悩みの方必見!おすすめの治療法を紹介

  1. ホーム
  2. 跡を残さずに治す

跡を残さずに治す

鏡を見る人

短期間で除去ができる

顔の目立つ場所に出来てしまったほくろを、除去したいと考える人にオススメなのが、美容クリニックによるほくろの除去です。皮膚科でもほくろを除去する治療は行えますが、顔に出来てしまったものの場合は、跡が残らないように美容の治療も兼ねて出来ます。傷跡を残さずに行えるほくろの治療法として、一般的に行われている方法は炭酸ガスレーザーです。ほくろが平坦な状態から盛り上がってしまった場合の除去に特に使われており、痛みなく簡単に除去することができるので人気となっています。アフターケアを丁寧に行うことで、傷跡を残さずに済む方法です。主な治療の流れは、レーザーを照射した部分に専用の軟膏を塗布して、テープを患部に貼り経過をみてテープを取ります。除去したばかりの数週間は赤みが出ることもありますが、半年ほどでほくろを除去した跡がなく普通の見た目の皮膚になります。炭酸ガスレーザーは施術にかかる時間は短く、30分から1時間ほどで終了するので体力に自信のない方でも安心です。美容クリニックは、自由診療が主になっているところが多くなっています。しかし、自由診療だからといって治療費が高いわけではなく、炭酸ガスレーザーは小さいほくろの施術なら数千円で施術が出来るので、保険治療と金額が変わらないこともあります。美容の治療を専門とする皮膚科でも、保険適用の治療を行なっているところもあります。そのため、保険適用と自由診療のどちらが良いのか迷った場合は、治療方法を複数用意している美容皮膚科に行き、診察してもらうとよいでしょう。そうすることで、ほくろの状態にあった施術方法が分かるので、自分に合った施術が受けられます。美容を専門としない皮膚科で保険を適用してほくろの除去を行うことも可能ですが、メスを入れて手術で除去を行う場合は縫合手術をするため、手術痕が残る可能性があります。病気などの理由で手術をしなくてはいけない場合以外は自由診療が適用されることが多いので、美容を意識した施術の場合は、跡を残したくないと医者に伝えると適切な施術を受けることができるでしょう。また、施術後は経過をみる為に定期的に通院するケースもあるので、通いやすい場所にある美容クリニックや皮膚科を選ぶと便利です。